マンションやアパートでもできるバリアフリー

暮らしやすい場所を見つけよう

室内のケガをなくすために

手すりを付けることは、マンションやアパートでもできると思います。
加齢や病気が原因で、これまでのように足腰を動かせなくなってしまうかもしれません。
バリアフリー機能を搭載することを、意識してください。
手すりがないと、隣の部屋まで移動するのも難しくなります。
移動し終わるまで時間が掛かりますし、転んでケガをする恐れもあります。
高齢者は骨が弱くなって、少し転んだだけでも骨折に繋がります。
手すりを早めに付けておきましょう。

キッチンや洗面所、浴室には蛇口があると思います。
高齢になると筋力が衰えて、蛇口を回せなくなってしまうかもしれません。
スイッチを押すことで水が出る仕組みになれば、力が弱くなった高齢者でも快適に利用できます。
電気のスイッチも、軽く触れただけで操作できるタイプに変えてください。
高齢になると、自分で想像している以上に筋力が弱まります。
これまで当たり前のようにできていたことが、できなくなると覚えておきましょう。

段差をなくすことも、バリアフリーに繋がります。
マンションやアパートでも段差をなくせるので、少しでも
段差があったら変えてください。
段差があると、足を高く上げて乗り越えなければいけません。
足腰が弱っている高齢者は、それだけで大きな負担になります。
また自分の力で歩けなくなると、車イスを利用します。
段差があると、車イスで移動できません。
快適な生活を送るため、室内の段差を極力なくしてください。

TOPへ戻る