暮らしやすい場所を見つけよう

負担を減らすためにできること

移動が楽になるポイント

足を高く上げて段差を乗り越えなければいけない状態だと、移動するのが億劫に感じます。
すると、極力移動しないように心がける生活になるかもしれません。
ですが身体を動かさないと、さらに筋力が衰えます。
室内で快適に動くためには、段差をなくすことが重要です。
健康的な人は、小さな段差なんて普段は意識しないと思います。

ですから室内のどこに段差があるのか、わからないかもしれません。
見逃がす部分がないように、自宅を細かくチェックしてください。
全ての段差をなくすのが難しかったら、よく使うルート内の段差だけでもいいでしょう。
高齢の両親と同居するためのリフォームをする際は、両親に実際に話を聞くと、どこの段差をなくせばいいのかわかります。

車イスを使う際に役立つ

自分の足で歩くことができないと、車イスを使う生活になります。
自分や家族には、縁がないと考えている人はいませんか。
病気やケガが原因で、一時的でも車イス生活になることは十分考えられます。
段差があると、車イスで乗り越えるのは非常に大変です。
車イスを持ち上げなければいけないので、介護する人の負担が増えます。

そのためにも、段差をなくした方がいいです。
また段差がないことで、ロボット掃除機もスムーズに進めます。
高齢になると自分で掃除するのが大変になって、ロボット掃除機に頼る人が増えます。
段差があると、そこでロボット掃除機がストップしてしまいます。
平らにすることで、室内をどこまでも掃除してくれるので助かります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る